<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い

どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えないのです。
将来的には、合併症などの心配を指摘している専門家の意見もあることから日本でのレーシックの普及はまだまだ発展途上と言えます。
レーシックの人気が徐々に高くなってきている理由の一つに非常に高い安全性というものが挙げられます。
しかしその一方におきましては、まだレーザー治療で視力回復するのに不安を抱いている人が大勢いるのです。

 

レーシックは眼科の専門医により適正な手術を行ってもらうことにより、とても安全な手術なのです。
最新の治療機器が揃っており、またアフターフォローも充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。



<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高いブログ:30 7 20

「ダイエットを始めるぞ!!」って思ったときに、
多くの人が取り入れるダイエット法と言えば、
ジョギング。

ダイエットって、決意したときにすぐに始めないと、
また気が変わってしまう可能性があります。

ですから、
すぐに実行に移すことができるジョギングには
安定した人気があるわけですね。

ところで、皆さんは、
ジョギングを始めるとき、
「アキレス腱伸ばし」をしてますか?

アキレス腱伸ばしというくらいですから、
アキレス腱自体を伸ばすストレッチだと、
思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ところがアキレス腱伸ばしは、
アキレス腱へのストレッチではないんですよね。

あれは実は、ふくらはぎへのストレッチなのです。

ジョギングをするときって、
ふくらはぎの筋肉は伸縮を繰り返します。

そのため、ふくらはぎの筋肉を
ストレッチでほぐしておくことは非常に重要なんです。

ジョギングをしばらく続けていると、
ふくらはぎが突っ張ったような感覚を
持ったことはありませんか?

あれはふくらはぎがオーバーワークを起こして、
筋肉が硬くなっている証拠なのです。

するとふくらはぎの筋肉とつながっている
アキレス腱も引っ張られる形となります。

しばらくその状態が続くと、
アキレス腱が切れてしまうのです。

これでは、しばらくの間、
体操することは厳禁となります。

ダイエットのために、
ジョギングをすることはいいことなんですが
オーバーワークはかえって、
ダイエットの期間を延ばすことにつながります。

ふくらはぎに違和感を感じたら、
ジョギングをしばらく控えることも必要なんです。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜