<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認

仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 貴方が加入をしている生命保険や医療保険がレーシック手術を保障の対象としているかどうかをまずは確認しましょう。
保険会社の担当者、またはホームページをしっかりと確認して、レーシック手術対象となるかをチェックしましょう。
生命保険や医療保険ではレーシック手術に対して保険金を給付してくれるケースがあります。
そのような場合には事前に手続きを申請しておく必要があります。

 

最近では保障の対象外となる保険会社も出てきていますから注意が必要です。
ハッキリとわからない時には、加入をしている保険会社に問い合わせをして詳細を確認しましょう。



<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認ブログ:13 9 20

今日は大切な日なんです♪


「入浴する」ということは、
美容面でいろいろと身体にメリットをもたらしてくれるということが
知られるようになってきていますが…

入浴という行為は、
減量にも一定の効果をもたらしてくれるんですよ。

入浴をしていると、身体中から汗をかいてきます。

でも、
汗をかくから減量に良いというのは、
大きな間違いです。

では、なぜ、
入浴に減量効果があるのかというと…
内臓の働きが盛んになるからです。

入浴すると、内臓は温められます。
また程よい水圧を受けることになります。

これらの要因が
内臓の働きを活発にするわけです。

内臓が盛んに働ければ、
自然と消費されるエネルギー量も増えてきます。

このため、
新陳代謝が活発となって、
減量効果があるというわけです。

さらに、
入浴をすることで
胃腸の働きが働きをゆっくりになるんですよね。

だから、入浴をした後は、
あまり食欲が強くはなりません。

このため、
理想的な減量法ともいえますね?

特に夕食前に入浴をしてみましょう。

すると、空腹感を抑えることができ、
ご飯の量も結果的に少なくすることができますよ。

なお、
汗をかくから減量に良いという…
この誤解がとんでもないことを
引き起こす可能性があります。

というのも、せっかく汗をかいて痩せたから、
入浴後に水を飲んでは意味がない…
という風に感じてしまうわけです。

基本的に
私たちの身体は水分がほとんどです。

ですから、水分が失われてしまったら、
速やかに失われた水分を補給する必要があるのです。

入浴後についても同様で、
たくさん汗をかいた時こそ、
水分を補給する必要がありますよ。

しっかり水分補給して
健康的に減量しましょう!

嗚呼,いい気分