<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。



<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:15 8 20

ダイエットの基本は…
「栄養バランスのとれた食事」と「適度な体操」。

食事については何とかできても、
なかなか体操が…という人は、ぼくを含めて結構多いようです。

特に日ごろ体操していない人にとっては
これがプレッシャーになることも…

確かに、いきなりからだを動かせ!と言っても、
難しいですよね?

そこで、ぼくがやっている、
誰にでもできる適度な体操を紹介します。

それはストレッチです。
筋肉の筋をのばすだけの体操ですが、
十分なダイエット効果を期待することができるんですよ。

なぜ体操がダイエットに必要かというと、
筋肉がぼくたちのからだの中でも
最もエネルギーを消費するからなんです。

痩せるということは、
食べ物などでからだに入ってくるエネルギーよりも
消費するエネルギーの方が多くないといけません。

だから、体操によって筋肉を鍛えることで、
エネルギー消費のしやすいからだを作ることが必要なんです。

すると、ダイエットに成功した後でも
エネルギー消費しやすい状態は筋肉がある限り続いていきますから、
リバウンドの心配も無くなります。

ぼくも経験がありますが、
パソコンなどに長時間向かっていると
肩や首の筋などがこってきたり、だるくなったりことがありますよね。

ちょっと作業がひと段落すると、
首を後ろに倒したり、背伸びをしたりします。
皆様もこのような経験はありませんか?

実は、これも筋肉をのばすという作業に含まれます。
ですから、立派なストレッチ体操になるんですよね。

ダイエットには、激しい体操を月一回行うよりも、
ストレッチのような軽い体操を、
連日続けた方が効果があるそうですよ!