国内MBAについての基本的な知識

まだまだ日本ではそれほど認知されていないMBAですが、1990年代に海外留学をしてMBAを取得することが一大ブームとなりました。1990年初頭、まだ日本はバブル景気の真っ只中で多くの企業では社員を海外のビジネススクールに派遣し、MBAの取得に力を入れていました。ビジネススクールでMBAを学ぶことによって経営能力に優れている人材を育てることができ、これから先さらに加速するであろうとグローバル社会の波に飲み込まれないように積極的に行われていました。

 

しかしバブル崩壊を迎え、徐々にその熱を冷めてきてしまい派遣として海外留学させる傾向が激減したのです。それからMBAの注目は低下していきましたが、ここ最近になって再度ブームとなってきています。その要因が国内MBAの増加です。国内でビジネススクールが急増し、気軽に通えることが出来るようになったのです。それまで海外留学をするためには、会社を休職するか、思い切って辞める必要がありました。しかし国内のビジネススクールでは、夜間や週末を利用してカリキュラムが実施されますので、働きながらMBAを取得することが出来るようになったのです。その費用も海外留学と比較して圧倒的に安く、将来の自分への投資として数多くの人がビジネススクールへ通うようになりました。

 

確かに志願者の増加は日本企業にとって喜ばしいことですが、手放しで喜ぶことが出来ない状況なのです。実はMBAマーケットで、質の低下が心配されるようになりました。ビジネススクールが増加することで、各ビジネススクールでは学生数を確保するため供給過剰となってしまったのです。それでもMBAホルダーの需要は高く、多くの企業では幹部候補としてMBAホルダーを採用したいと望む声が増えてきています。

 

この事実をどう捉えるかは人それぞれですが、国内でMBAホルダーが増えることで競争も激化することになります。海外のビジネススクールでは英語力も飛躍的に向上することが出来ますが資金面というデメリットがあることから、将来的なことを考えて個々によく検討することが大切です。